東京で宿を探すなら浅草で

東京に泊りがけで出かけた時には、宿泊できるホテルや旅館を探さなければなりませんが、都心部では料金も高いですしリーズナブルなところは需要が高いので部屋が空いていないということも多くあります。

そのような時に便利なスポットが浅草です。浅草は東京駅の北東側、上野駅の東側に広がる一体で、雷門で有名な浅草寺がある場所として知られているほか、北関東や東北方面からやって来る人たちの宿場町として発展した他にも明治以降は演劇場や映画館が作られるなど観光地や歓楽街として発展してきたため、現在でも多くの宿泊施設があります。一方で東京都心から見れば若干、離れた場所にあるため宿泊施設の料金は比較的リーズナブルに設定されているところがほとんどです。

主な利用者層は、出張で訪れたビジネスマンや観光客などで1泊あたりの料金も6、000円前後と手頃に設定されています。都心からみれば若干、離れているといっても交通インフラは充実しており、地下鉄を利用すれば都心部まで約10分程度ですし、上野駅ぐらいであれば徒歩圏ですから軽装であれば十分に歩いて移動できる地域です。

ビジネスマンにとっては都心部への移動が便利なことと料金が安いことから浅草周辺は人気があります。観光客にとっては浅草寺の雷門だけでなく、東京スカイツリーへのアクセスや良く、また日光への東武鉄道を使えば手軽に行けるため観光の拠点となる宿泊地域としても広く利用されている地域です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *