江戸時代からの下町文化を味わえる浅草の宿

東京で江戸情緒が残る浅草は、下町風情と人情を味わえ雷門や仲見世通りなどの観光スポットもある街です。

観光エリアであることから数多くのホテルや旅館が点在していますが、都会らしいホテルよりもこの街らしい宿に泊まってみると、より浅草らしさを感じられるものです。数ある宿泊施設の中から浅草旅行にふさわしい宿をピックアップしてます。非日常的な癒しを求めている方には、仲見世の脇にある創業80年の旅館がおススメです。ここの旅館はかつては2階立ての木造住宅のいわゆる日本の宿やでしたが、リニューアルをして6階建てとなっていますが、おもてなしの心は旅館業を始めた頃と同じです。

最上階の自慢のヒノキ風呂からは浅草寺の五重塔や東京スカイツリーが眺められます。朝食には釜で炊いた白米と焼き魚に卵焼きといった、いわゆる日本の朝ご飯が味わえるのも魅力です。仲見世に隣接しているロケーションにある和風旅館は、徒歩圏内に地下鉄の駅があるので観光だけではなくビジネスにも利用できます。

客室は、6畳と12畳の和室のほかにシングルとツインの洋室を用意しており、リーズナブルな料金設定となっていることで評判です。旅館として創業して50年の歴史を持つ和室ホテルは、外国人観光客に人気の宿です。客室は基本的に畳の和室となっていますが、女性専用フロアやカプセル室をはじめ、サウナ付共用風呂やアウトバスの個室などと女性がリラックスして安心安全で過ごせることに意識しているのが特徴です。1階には電子レンジや給湯ポットを用意し、カップ麺やおつまみなどの販売も行なっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *