浅草の三社祭は多くの旅行者が訪れるイベントです

日本の歴史的な重要文化財が町のいたるところに残っている浅草は、いつ行っても活気に満ち溢れていて多くの海外からの観光客には人気の高い街です。

観光名所のスカイツリーも近くにあり数々の老舗飲食店もあり楽しめます。そんな浅草の一大イベントが毎年5月の行われる三社祭で、さまざまな祭りイベントの中でもスケールや活気は群を抜いていて、三社祭を一目見ようと沿道にはあふれんばかりの人がいます。

三社祭の魅力は、町をあげて三社祭を盛り上げようとする雰囲気のあるところで、1週間前から仲見世どおりでは囃子の音色が流れていて気持ちがどんどん盛り上がってきて、町内を3基の神輿がねりあるく神輿が一気に興奮が最高潮に達する事ができるところです。週末の土日には早朝から宮出しがあり、荘厳で厳粛な空気の中で一気に神輿がせりあがる様はまさに見どころ満載です。

3基の神輿も一定の地区ごとに担ぎ手がバトンタッチされるルールになっていて、それぞれの個性的な法被姿の担ぎ手たちが繰り広げる神輿のパフォーマンスはとても迫力があり見ているだけでも身体が熱くなってしまいます。夕方には町内の神輿が神社に戻ってきて奉納される宮入と呼ばれる行事は、多少の時間差はありますが3基の神輿が戻ってくる迫力にも見ている側は圧倒されてしまいます。浅草のイベントの素晴らしいところは、地元の住人たちだけでなく見物人も一体になってが楽しめるところで、日本の文化や伝統を感じさせてくれるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *