分煙機を導入するメリット

by:

健康煙草離煙パイプ

分煙機は、タバコの煙が空間に広がらないようにするための機械のことです。分煙機は分煙の考え方から登場した機械であり、現在では飲食店などに広く採用されています。分煙という言葉そのものは1985年頃から考えられたもので古いものでしたが、分煙そのものが普及するのは2000年代に入ってからになります。これは健康増進法が施行されたことによって、喫煙や禁煙といったものが飲食店など施設側の裁量で決められていたものが、法的根拠を持つことになり、それによって分煙機の需要も増大することになりました。

分煙機そのものは小型の空気清浄機とも言えるもので、タバコの煙を吸引しフィルターを通して排出することで有害な物質を大幅に削減することができるというものです。それまでの分煙といえばルームごとに分離するといったものでしたが、分煙機を使うことで仕切りなどを用意する必要がなく、またタバコの煙そのものをすぐに清浄化するので施設内が汚れないといったメリットがあります。しかし、機械を動かすためには電気が必要ですし、完璧な分煙を行えるわけではなく採用されている場所は主に飲食店やスペースが限られる分煙室などが中心になります。このため、現在でも主流は分煙室を設けるよりも屋外などに喫煙スペースを設けるといった傾向にあります。

また大型の送風機を用意して意図的にタバコの煙が外に排出されるようにするといった工夫が見られるケースもあります。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です