今流行の分煙機と喫煙に関して

by:

健康煙草離煙パイプ

最近では健康志向と相まって喫煙と禁煙のエリア分けが非常に厳しくなっており、街中を見渡してもますます喫煙できるスペースが限られてきています。そのような流れのなか、自治体や職場、病院などでの分煙対策として、分煙機の導入が急速に進められ広く一般的に普及してきています。この流れを受けて、小さな飲食店や一般家庭でさえも分煙機を取り入れてタバコの煙が拡散することを防ぎ、タバコの匂いが室内に充満しないように配慮しています。その効果は確かなもので、一台数十万、フィルターの取替えだけで数万と非常に値段も高価になっています。

そのため、リースやレンタル、中古市場も徐々に活発になっており、誰もが購入できるような環境が整いつつあります。しかしながら、煙と臭いだけの対策であれば、分煙機だけで問題ないのですが、タバコが含む有害物質は喚起をしないと室内に充満してしまします。一般的に販売されている、空気清浄機や分煙機では、約90パーセント以上の有害物質を除去とも言われているほどです。このような現状を踏まえると、喫煙する場合には窓などを開けて喚起対策を十分にしながら、室内に匂いが充満しないように分煙機を併用し対策をしてくことが重要であると考えられます。

もっとも心配なのは、喫煙者の周囲にいる人々への影響です。子供や妊娠者への悪影響は周知の事実ですので、やはり社会全体で分煙するための仕組み作りや、科学の技術を利用して上手く分煙することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です