分煙機の役割と喫煙者

by:

健康煙草離煙パイプ

お店などで喫煙をする場合、席で煙草を吸う事が出来るお店と言うのは少なくなっており、分煙機が設置された空間で喫煙を行うケースが増えています。これは2通りのケースが在るのが特徴で、1つは喫煙所が店内に設置されているケース、もう一つは喫煙席と呼ばれる空間が作られており、ガラスなどで部屋が隔離されている席が設けられている2通りが在ります。喫煙席と呼ばれているのは、禁煙席とは完全に独立した形になっているのが特徴で、煙が禁煙席に流れないように空間が閉ざされています。そのため、喫煙をする人は禁煙席に入る時には扉を開けて中に在る席に座ってコーヒーを飲んだり、煙草を吸う事が出来るわけです。

一方、喫煙所が設置されている場合は、席での喫煙が出来ないので、煙草を吸いたくなった時は店内に設けられている指定の場所で煙草を吸う事になるのが特徴です。尚、喫煙が出来る席や喫煙所の中は分煙機が設置されているのが特徴です。喫煙所や禁煙席では多くの人々が同時に煙草を吸う事も多くなります。喫煙者が多くいるほど室内の空気は煙草の煙で充満してしまい、目を開けていると痛みが起きるほどです。

また、喫煙者が吐き出した煙や、灰皿に煙草をおいている時にもくもくと立ち上る煙の事を副流煙と言いますが副流煙は有害な物質が多く含まれている為、これを吸い込む事で受動喫煙をする方になってしまい、健康被害を受ける事になります。分煙機は煙を吸い込んで浄化してくれる装置で、喫煙所や禁煙席などに分煙機を設置する事で受動喫煙の防止にも役立てられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です