分煙機を導入する際に注意しなければいけないこと

by:

健康口コミ禁煙グッズ

分煙機は導入すればよいというものではなく、その効果を予測して適正に選び設置することが重要になります。設置方法を誤ると分煙効果が半減するばかりでなく、煙草の煙を必要以上にまき散らしてしまうという結果になることも有るため、事前に喫煙場所の環境を確認し、その環境に合ったものを適正に設置する必要があります。分煙機の導入の誤りについて特に多い物は、設置したことに於ける室内の空気の流れが変わり、今まで煙が届かなかった場所に煙が充満してしまうという物です。分煙機は煙草の煙を吸い込むと考えられていますが、実際には吸い込むことが出来ずに対流してしまう煙も有り、その対流が部屋の広い範囲まで届くような場合には部屋の隅に煙が押し込められてしまうといった現象が起きやすいことになってしまうのです。

その為分煙機を導入する際には導入後の空気の流れ、煙の流れなどを十分検証する必要があります。また、分煙機を設置する際にはその設置によっても分煙効果が異なります。部屋の隅に設置した場合。空気の対流が設置場所を中心に発生するため、対角線上の部分に煙が充満する傾向が有り非常に効率が悪くなります。

部屋の中心部に設置する方が均等に対流が発生する為効率的に煙を吸い込むことが出来るのです。このように最大限に分煙効果を発揮させるためには、設置場所や設置方法、或いは機器の性質などを良く理解し設置するとともに、環境を定期的に確認しより効果的な分煙方法を確認することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です