分煙機の特徴について

by:

健康煙草離煙パイプ

飲食店に行くと、煙草を吸うかどうかを聞いてくれるお店が在りますが、これは喫煙席と禁煙席を分けている場合や、喫煙所が店内に設置されており、席では煙草を吸う事が出来ないいずれかのお店になります。これは分煙化が進められているお店であり、喫煙をする場合は喫煙席で煙草を吸うか、喫煙所に行って煙草を吸うと言った事になります。しかし、密閉された店内において、煙が喫煙席から流れてくることも在りますし、喫煙所に出入りする時に煙草の煙が店内に流れてくることも在ります。分煙機は分煙化を目的として設置をする空気清浄機の一種ですが、分煙機には有害な物質を取り除いてくれる特殊な機能が備えられており、一般的な空気清浄機では除去出来ない有害物質をフィルターで除去し、クリーンな空気を送り出すと言う分煙機の特徴が在ります。

煙草の煙の中でも有害と言われているのが副流煙と言う煙です。副流煙は煙草を指の間に挟んでいる時や灰皿に煙草を置いている時に立ち上る煙で、喫煙者が煙草を吸う時の本流煙よりも有害物質が含まれていると言われています。店内での分煙化が進められていても、このような煙が禁煙席に流れ込む事で受動喫煙のリスクが生じるため、ガラス張りなどで囲まれている喫煙席の中や喫煙所などに分煙機が設置されており、店内などに副流煙や喫煙者が吐き出した煙が流れないようになっています。また、副流煙は喫煙者に対しても有害であり、分煙機が設置される事で安心して煙草を楽しめると言う事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です