分煙機はどこにでも設置ができます

by:

健康口コミ禁煙グッズ

最近では健康に関する意識が高くなって、受動喫煙の可能性があるためにタバコが吸えるところが少なくなりました。とくにオフィスや施設や店舗では禁煙のところが多く、愛煙者にとっては頭の痛い問題となっています。分煙の方法にはエリアを分ける分煙、個室にして分煙、フロアで分煙、屋外で分煙などがありますが、喫煙室を設置するには高額の費用が掛かりますし、十分な広さのないフロアであれば場所をとるのでスペースを確保するのも大変です。屋外で分煙するにも、オフィスビルなどはいちいち1階まで降りて行って吸うことになれば、移動の時間の無駄も出てきますし、周辺への影響も考慮する必要が出てきます。

そんな問題を解決するものに「分煙機」があります。分煙機はカウンター式とテーブル式などがあって、大きいものでも高さ1mで幅が90cmほどで収まりますので、例えば食堂の隅にでも置くことができる大きさです。分煙機は吸煙力も高くて、顔のあたりの煙でも吸い込みますし、強弱が切り替えられるものもあります。吸い込んだ煙はフィルターを通ってここに吸着させますし、もし煙草の灰が混ざっていてもそれを漏らさないようになっています。

そのほか、大型のものにはパネルでガードして煙を外に漏らさないものや、天井にセットして煙を吸い込むものに、床置型で部屋全体の空気をクリーンにするものなどもあります。現在では事務所や公共施設、アミューズメント施設、飲食店、ホテルや食品の工場などでも導入されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です