離煙パイプの実際の効果

by:

健康煙草離煙パイプ

毎日煙草を吸いながらも最後には禁煙を完了できるというアイテムがあります。それが離煙パイプですが、これはどういった仕組みを持ったものなのでしょうか。合計で三十一本のパイプがあり、一から三十一までのナンバーが振られています。それらを煙草に装着して吸うことにより、本来よりも体内に入ってしまう主流煙の量を抑えるというのが主な役割となります。

でも、これで本当に効果があるものなのでしょうか。離煙パイプの横には穴があり、そこから空気が出入りすることにより、主流煙を外に逃がし、空気を多く吸う状態を作り出す。日付ごとにナンバーの大きいパイプを使っていくことにより、徐々にニコチンの摂取量が下がり、空気を吸う分量の方が多くなるという仕組みになっています。このように、煙草を吸っているようで実は普通の空気を吸っているという状態を作り出すというのが離煙パイプです。

けれど、そんな風に空気を吸っているだけで、本当に煙草と同じ満足感を得られるものなのでしょうか。更には、結局は三十一番を口にする最後の日まで煙草は実際に吸っているのだから、その日の段階で禁煙を達成できたことになるのかも疑問となります。これに関しては、穴の大きさの調整が微細なサイズのものとなっているため、実際に吸っているのが煙草の主流煙なのかただの空気なのかは感知できないようになっています。それが日を追うごとに徐々に変化していくので、煙草を吸っている満足度だけは変わらず、ニコチンへの依存度だけが減るようになるのです。

そして最終日に三十一番のパイプを吸う際には、たしかに微小な量のニコチンを吸う形にはなっています。しかしそれは非喫煙者が空気中に存在しているニコチンを吸う量と同等のものとなっているので、それを吸って満足できる形になっているのなら、もう煙草は必要のない体になっていると言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です