カンボジア人の外国人研修生が多い理由

カンボジアは東南アジアのなかでも最貧国ですが国民性は日本人と共通する部分が多くあります。

カンボジアの外国人研修生が気になる方はこちらへご来訪下さい。

国民の9割以上が仏教徒であり素朴でおっとりした性格の人が多いですが年上を尊重し与えられた指示を忠実に実行しようとします。



日本からは長年にわたって多額の政府開発援助金が支援されているため日本に恩義や親しみを感じている人が多いのが特徴です。



そのためいつかは日本で働きたいと考えているカンボジア人も少なくありません。


近年ではその国民性が評価され外国人研修生として日本に働きにくるカンボジア人も増えてきました。
外国人研修生は実習期間を経て最長3年間にわたって日本の企業や工場に入職し日本の技術や知識を取得し自国の発展に寄与するものですが、これがカンボジア人の気質に合っているというわけです。


外国人研修生候補は20〜29歳の若い研修生を対象としており現地にて日本語教育や文化などの研修を数百時間にわたって行ったあと日本に紹介されてきますので工場に入職後も改めて日本語教育などを行う必要がありません。また与えられた仕事に対して誠実に取り組む性格ですので日本人スタッフとも協調性をもってともに取り組んでいくことができます。

日本企業にとってもいずれ海外進出を積極的に推し進めていくときにリーダー候補として経験を積ませておくことはメリットがあるのです。

今後もますます日本に外国人研修生が来日してきますが多くの国のなかでもカンボジアの外国人研修生をおすすめします。