カンボジアの外国人研修生制度の問題点について - カンボジア人を受け入れる外国人研修生制度

カンボジアの外国人研修生制度の問題点について

インドシナ半島に位置するカンボジアは、今後の経済発展が期待される発展途上国です。自衛隊のカンボジア派遣(PKOの一環として)など日本との関係も深く、また日本は最大の援助国でもあります。

安心、信頼のカンボジアの外国人研修生はかなり有益な情報が揃っています。

カンボジア等の発展途上国では、自国の経済発展を牽引する有能な人材を育てることが急務であり、その為にも先進国の先進的な技術や技能を自国の有能な青壮年に学び習得させる必要であり、先進国に援助を強く求めています。
我が国では国際協力及び国際貢献の観点からカンボジア等の発展途上国の有能な青壮年に我が国の最新の優れた技術や技能を学んで習得して貰う制度の外国人研修生(現:外国人技能実習生)を創設し受け入れています。


外国人研修生の技術や技能習得の為の仕組み制度として、外国人研修生は日本国内の事業所で働きながら事業所内で所定の研修や実習を受ける事で技術や技能を学びながら習得します。

発展途上国のカンボジアからも多くの有能な青壮年がこの制度を利用して日本の技術や技能を学びに日本に来ています。



しかし残念なことに制度上の不備や一部の悪質な事業主による低賃金や過重労働等の労働基準法違反行為や人権侵害等のトラブルが多く発生しており国内や国際社会から多くの制度に対する批判の声が出ており日本政府としても制度の見直しを行い外国人研修生の名称を外国人技能実習生と改めて悪質な事業所の排除に向けた監視及び指導の強化及び外国人研修生の権利と保護の強化と制度の改善への取り組みを行っております。



これからも発展途上国の青壮年が安心して日本の優れた技術や技能を学び習得出来る様にまた国際社会からも信頼される様な制度にするためにもさらなる制度の見直しや改善が必要だと思います。